●八女伝統工芸館のHPへようこそ!! 【http://www.yame-kougeikan.jp/】
>>HOME >>催し情報 >>アクセス
  福岡県八女市本町2-123-2
  【TEL】 0943-22-3131 【FAX】 0943-22-3144
  【E-Mail】 info@yame-kougeikan.jp

 
インフォメーション



開館時間



9:00〜17:00 月曜日(当日が国民の祝日・
休日にあたる場合は 開館)
・年末年始休館日


入館料 無 料 駐車場無料(車80台・バス4台)
所在地 福岡県八女市本町2番地の123の2
電話番号 0943-22-3131
FAX番号 0943-22-3144
トイレ 3か所(車椅子用あり 1か所) 授乳室 あり 救護室 なし
ベビーカー 可 車いす 可 飲食物の持ち込み 不可
飲食施設 なし イヌ同伴 不可


    1階_企画展示場  実演・体験コーナー 、イベントスペース 、販売コーナー 、講義室 、開放工房 、事務所 

        八女福島の町並み(ジオラマ) 、八女伝統工芸のDVD鑑賞コーナー 

    2階_常設展示場  竹編組見本展示(東階段100点、西階段20点) 、会議室 、製品開発室
 
 

八女伝統工芸館について

 
 
 
福岡県南部に位置する八女地方{旧八女郡=八女市(八女・黒木・立花・
上陽・矢部・星野6エリア)、筑後市、広川町}の伝統工芸品を一堂に集め、
伝統技術の伝承と地場産業の発展を目的に、1986年(昭和61年)に八女市
が建設、同年11月にオープンいたしました。


 
国指定伝統的工芸品 八女福島仏壇・八女提灯・久留米絣、県知事指定
特産工芸品・民芸品 八女石灯ろう・八女手漉和紙・八女矢・八女竹細工・
八女和こま、赤坂人形、八女すだれ、その他焼き物、木工品など八女地方を
代表する工芸品を中心に展示紹介しております。
 また、工芸品の販売コーナーもありショッピングも楽しめます。


 建物は、八女福島の白壁の町並みの”蔵”の造りをイメージして設計され、
国鉄矢部線「筑後福島駅」の跡地に建設されました。市民に惜しまれながら
廃止になった国鉄矢部線への愛着を後世に残すため、館内をレールが突き
抜けている演出があります。さらに、建物南側元、線路跡、道路「バルビゾン
の道」歩道に当時敷かれていたレールを切断・溶接しカタカナのコの字型の
パーツを連続して繋げて作った全長500mの藤棚があり、「トンネル藤」の名称
で、4月中旬から下旬まで藤の花の名勝になっています。
品種は野田藤と山藤で、約90本植えられています。
  画:青沼 茜雲(茂男) 氏
    八女伝統工芸館オープン記念
  ◆八女伝統工芸品大型展示物
 
日本一の大型金仏壇
完成: 平成4年3月20日
規模: 高 さ :  6.5メートル
横 幅 3.8メートル
奥 行 2.5メートル
重 量 2トン
材料費 3,500万円

  
八女福島仏壇 (経済産業大臣指定伝統的工芸品)

  この大型仏壇は、平成3年度補助事業として八女市の助成及び
 国、県の補助を受け、八女福島仏壇をはじめ地域産業の活性化、
 人材確保、後継者育成に役立てる目的で製作されました。

艶やかなジャンボ提灯
完成: 昭和42年に制作。昭和61年に修復し八女伝統工芸館に展示
規模: 高 さ :  5メートル
直 径 3.8メートル
重 量 50キログラム

  
八女提灯 (経済産業大臣指定伝統的工芸品)

  提灯のヒゴに竹骨、火袋に手すき和紙を使ったものでは日本一の
 大きさと言われています。天女が舞い踊る絵が描かれています。
  この対のジャンボ提灯は、八女提灯協同組合が制作し八女市の
 お盆の祭りや秋分の日の「ふるさと祭り」の夜を彩ってきたもので、
 現役引退後、絵は新たに書き直し、昭和61年にオープンした本館に
 常設展示されました。
日本一八女石灯ろう 
完成  平成2年11月23日
規模: 高 さ 10.5メートル
横 幅 6メートル
周 囲 20.8メートル
重 量 108.8トン
材料費 1,500万円

 
 八女石灯ろう (福岡県知事指定特産工芸品・民芸品)

  
の大型石灯ろうは、八女の地場産業振興と地域の活性を目的に
 新製品開発事業として市及び県の助成、八女石灯ろう協同組合の
 協力を得て完成しました。
  「八女匠の門」揮毫は、書道家 故 落合精一先生によるものです。


八女八福かえる
 

 
     


   

八女八景水車(八女石の石組山水と水車)
完成: 平成21年3月
規模: 高 さ  :  3.7メートル
横 幅 5.4メートル
重 量 20トン
水車直径 1.53メートル

  八女石灯ろう (福岡県知事指定特産工芸品・民芸品)

  この「八女八景水車」は、八女地方の優れた景色を石組の山水で
 表現し、日本一石灯ろうとともに、伝統が息づく八女のシンボルとして
 位置づけ、伝統産業の振興と地域の活性化を願い八女石灯ろう協同
 組合の技術を集結し完成したものです。  
 福岡県の伝統工芸品  

  経済産業大臣指定伝統的工芸品  ※内、緑色が旧八女郡(現、筑後市・広川町・八女市)産地

 博 多 織   博 多 人 形  久 留 米 絣  八女福島仏壇
 上 野 焼   小 石 原 焼  八 女 提 灯  

  福岡県筑後地方の福岡県知事指定特産工芸品・民芸品  ※内、緑色が旧八女郡(現、筑後市・広川町・八女市)産地

 らんたい漆器  きじ車  八女手漉和紙  八女石灯ろう  掛  川
 赤坂人形  鍋島緞通  柳川神棚  八女竹細工  筑後和傘
 八女和こま  杷木五月節句幟  八女矢  城島鬼瓦  久留米おきあげ
 大川総桐タンス  大川彫刻  大川組子  柳川まり  棕櫚箒
 八女すだれ        
   
>>HOME >>ページの先頭へ
 福岡県八女市本町2-123-2
【TEL】 0943-22-3131 【FAX】 0943-22-3144
【E-Mail】 info@yame-kougeikan.jp
Copyright (C) 八女伝統工芸館 All Rights Reserved